扱いやすい、
充実サポートの
AUTOSARソリューション

AUTOSARの導入にお困りではないでしょうか?お客様の開発を加速させられるような、本当に使いやすい製品・サービスを提供したい。当社のAUTOSAR準拠の車載ソフトウェアプラットフォームJulinar®は、そういった思いから生まれました。

AUTOSARとは?

主要自動車メーカーが参加するグローバルコンソーシアム

AUTOSARは、車載ソフトウェアの複雑性を軽減することを目的にソフトウェア基盤(infrastructure)の業界標準を作成するため、2003年に設立されたグローバルパートナーシップです。世界中から100以上の自動車、自動車部品、エレクトロニクス、半導体やソフトウェア企業などが加盟しています。制御システム向けのClassic Platformと自動運転/ADAS向けのAdaptive Platformの標準化が進められています。

近年、欧州を中心にAUTOSAR Classic Platformの利用が加速しており、米国や日本国内で採用要請が高まってきています。AUTOSAR Classic Platformは、車載制御システム向けソフトウェアプラットフォーム(SPF)のデファクト標準になりつつあります。

APTJは、仕様策定に貢献できるプレミアム・パートナーとしてAUTOSARの活動に貢献しています。当該活動から得た知見は、Julinar® SPF(ベーシックソフトウェアモジュール(BSW)およびRTEジェネレータが含まれる)の開発に活かされています。

AUTOSAR導入の利点

AUTOSAR導入の最大のメリットは、開発プロセスが効率化されることです。

AUTOSAR Classic Platformは、アプリケーションとインフラストラクチャの分離をコンセプトに、階層化されたソフトウェア・アーキテクチャとなっています(上からアプリケーション層、Runtime Environment(RTE)層、ベーシックソフトウェア(BSW)層)。各階層で使用するソフトウェアモジュールをコンポーネント化することにより、それぞれの再利用が可能となる仕組みになっています。また、アプリケーション層(従来ECU単位で開発されてきた自動車システムを制御する機能に該当)がハードウェアから分離されていることにより、異なるハードウェア構成のECUでの再利用が可能となり、ECU単位でのアプリケーション開発から解放されます。

 

AUTOSAR Classic Platform R4.2.2 ソフトウェアアーキテクチャ

AUTOSAR Layered Software Architecture 4.2.2より

AUTOSARという、開発の基盤となるソフトウェアプラットフォーム(SPF)が存在することで、以下のようなことが可能になります。
 ◆システムの再利用性の向上による開発重複の排除
 ◆新機能や新技術の容易な導入
 ◆設計(機能配置)の柔軟性の確保

Julinar® SPFの概要

製品内容

AUTOSAR CP Release Number/Revision:R4.2.2
※一部モジュールはR4.3.xに準拠(右図参照)

◆提供内容
 ・BSWモジュール:
  ライブラリ、ランタイムコード、ジェネレータを含む
 ・RTEジェネレータ

◆2種類のコンフィギュレーション環境を用意
 ・dSpace社のSystemDeskを用いたGUI開発環境
 ・独自のテキストベースの環境

◆標準ターゲットマイコン:ルネサスエレクトロニクス RH850/F1K
 ※他のマイコンへのポーティングにも対応します。ご相談ください。

◆ニーズに合わせた多様なライセンス形態
 ・開発ライセンス
   ECUの開発開始時にご購入いただくライセンス
 ・製品ライセンス
   ECUを製品化するまでにご購入いただくライセンス
   ※ランタイムコードのソースコードを提供
 ・ソースコードライセンス
   研究開発目的、教育目的にご利用いただくライセンス
   ※特定の製品開発には利用不可

◆開発プロセス
 ・Automotive SPICEおよびISO 26262 ASIL-Dに対応

Julinar® SPFに含まれるBSWモジュール

各モジュールはAUTOSAR R4.2.2に準拠しています(赤点線枠内のモジュールはAUTOSAR R4.3.xに準拠)。スタック単位、モジュール単位でのご提供も可能なので、ご相談ください。

上記図には、対応する仕様を変更したなどの理由で、開発を完了していないBSWモジュールや、Automotive SPICE対応の開発プロセスによる品質確保を行っていないBSWモジュール(「プリプロト開発」)も含まれています。

特徴①:ユーザーフレンドリーな設計

◆AUTOSAR仕様に忠実な設計
 ・独立系のベンダーとして、純粋AUTOSARを提供
 ・メモリ効率や処理速度の向上に配慮
 ・最小限の負荷で、ソフトウェア間の緻密な同期、連携が実現可能

◆ソースコード改変可能
 ※一部ライセンスは除く

◆特定OEMの個別仕様にも対応
 ・対応事例:ダイアグ機能、通信モジュール

特徴②:高い技術に基づく信頼品質

◆名古屋大学の長年の研究成果をベースとした開発
 ・高い実行性能のリアルタイムOS
  (実行性能と保守性のバランスを考慮)
   ※JAXA H-ⅡBロケットにも採用されたリアルタイムOS技術 
 ・マルチコア対応などの高度な開発要求にも対応可能

◆サプライヤとの共同開発から生まれた高い品質
 ・サプライヤの品質要求に合致し、要望を反映したソフトウェアを実現

特徴③:採用実績

◆複数のOEMへ向けたJulinar® SPF搭載ECUの開発計画が進行中
 ・2019年~2020年市販の自動車に搭載予定

◆日本自動車研究所(JARI)などが開発を進める自動車セキュリティ評価用オープンプラットフォーム「Security Testbed System」への採用

特徴④:充実のサポート体制

独自のビジネスモデルに基づく充実したサポートを提供

Julinar® SPFに関するお問い合わせ・ご相談

下記フォームよりお問い合わせください。担当者より、ご連絡いたします。