AUTOSAR準拠のソフトウェアプラットフォームJulinar SPFの正式販売を開始

2018年10月1日
APTJ株式会社

APTJ株式会社(以下、APTJ)は、AUTOSAR仕様準拠のソフトウェアプラットフォーム(広い意味でのOS、以下SPF)であるJulinar SPFの開発を進めてきましたが、この度、その正式販売を開始することになりました。Julinar SPFの販売は、6社のパートナーソフトウェア企業(株式会社ヴィッツ、キヤノンITソリューションズ株式会社、株式会社サニー技研、東海ソフト株式会社、富士ソフト株式会社、菱電商事株式会社(五十音順))を通して行います。

APTJでは、2015年9月の設立以来、自動車部品メーカーおよび自動車メーカーと共同で、Julinar SPFの開発を進めてきました。すでに、複数の自動車メーカー(OEM)向けに、Julinar SPFを使用したECU開発が進んでいます。

この度正式販売を開始するJulinar SPFの内容や今後の開発計画については、11月14日(水)にET2018(http://www.jasa.or.jp/expo/)の会場で実施するプレス発表会において発表する予定です。プレス発表会に出席を希望される方は、下記のお問い合わせ先までご連絡くださると幸いです。

◆Julinar SPF製品紹介ページ ⇒ https://www.aptj.co.jp/products/

【APTJの概要】

APTJ株式会社(所在地:名古屋市中村区、代表取締役会長:高田広章、代表取締役社長:高嶋博之、以下APTJ)は、名古屋大学の研究開発成果を活用して、車載制御システム向けのソフトウェアプラットフォーム(SPF)開発・販売を目指す名古屋大学発のベンチャー企業です。名古屋大学では、情報学研究科附属組込みシステム研究センター(NCES、センター長:高田広章)において、車載制御システム向けのSPFに関する研究開発を産学連携で推進してきました。

車載制御システム向けのSPFの分野においては、欧州を中心に策定されているAUTOSAR仕様が国際標準として広く活用されつつあります。AUTOSAR仕様準拠のSPFの開発・販売においては、海外企業が先行し、シェアを伸ばしています。APTJは、それに対抗できる国産のSPFを開発・販売することを目指して、2015年9月に設立しました。APTJの代表取締役会長兼CTOには、NCESセンター長/教授の高田広章が就任しています。

Julinarは、APTJが開発するSPFおよびそれに関連するサービスの名称です。Julinar SPFは、AUTOSAR仕様に準拠しつつ、名古屋大学の研究開発成果や知見を活用した先端的な機能や実装技術により、機能安全規格、サイバーセキュリティ対策、マルチコアプロセッサに効率的に対応できることを目指しています。Julinar SPFを活用することで、安全で品質の高い車載組込みソフトウェアの開発が効率化され、自動車部品メーカーの競争力向上につながります。

APTJによるSPFの開発は、パートナーソフトウェア企業からの資金面・人材面の協力を得て、自動車部品メーカーおよび自動車メーカーと共同で進めています。また、サポート体制の構築や支援ツールの開発についても、パートナーソフトウェア企業各社と密接に連携して進めています。

さらに将来的には、自動運転システム向けのSPF仕様としてAUTOSARが策定中のAUTOSAR Adaptive Platform仕様に基づいたSPFの開発や、セキュリティ対策の強化によりIoTやConnected Vehicleの流れにも対応するなど、車載制御システム向けSPFの分野において、国際的なトップクラス企業に成長させることを目指しています。

APTJは、これらの活動を通じて、我が国の車載組込みソフトウェア産業を強化し、さらには自動車産業全体の競争力向上に貢献したいと考えています。

【お問い合わせ先】

本発表に関するお問い合わせは、以下にお願いします。

APTJ株式会社
〒453-6122 名古屋市中村区平池町四丁目60番地12  グローバルゲート22階
Phone:052-564-5535  FAX:052-564-5536
Email:contact@aptj.co.jp

【用語説明】
SPFソフトウェアプラットフォーム(Software PlatForm)。計算機システムの中でアプリケーションソフトウェアを実行するための基盤となるソフトウェア。広い意味でのOSのこと。
AUTOSARAUTomotive Open System ARchitecture。車載制御システム向けのソフトウェア基盤のグローバルな業界標準を作成する団体。2003年に設立され、欧州を中心に活動。AUTOSAR仕様に基づいたSPFは、すでに欧州の自動車メーカーには広く採用されており、今後、国内の自動車メーカーにおいても採用が広がるものと予想されている。
NCES名古屋大学大学院情報学研究科附属組込みシステム研究センター(Nagoya university Center for Embedded computing Systems)。産学官連携により、組込みシステム技術に関する研究開発と人材育成を推進するために、2006年4月に設立。センター長は高田広章。