特定研究開発等計画が中部経済産業局に認定されました

2019年5月27日(月)、当社は、中小企業のものづくり基盤技術の高度化に関する法律に基づく特定研究開発等計画の認定を中部経済産業局より受けました。

これを受け、より一層研究開発に取り組み、社会に貢献すべく尽力して参る所存です。

 

経営革新計画が愛知県に承認されました

2019年2月28日(木)、当社の申請した経営革新計画が中小企業経営強化法によって、愛知県知事に承認されました。

経営革新計画が承認されると、低利融資や信用保証の特例、販路開拓の支援などの幅広い支援を受けることが可能になります。

今後もよりよい製品・サービスを提供し、自動車業界のさらなる発展に貢献することを目指します。

 

日刊工業新聞に掲載されました

7月22日(月)の日刊工業新聞(10面)に、当社開発の AUTOSAR 準拠車載ソフトウェアプラットフォーム Julinar® SPF に関する記事が掲載されました。

<掲載概要>
 ■掲載媒体:日刊工業新聞
 ■掲載日 :2019年7月22日(月)
 ■掲載記事:国産車載基盤ソフト採用ECU搭載車 年内投入

なお、こちらの記事は日刊工業新聞電子版(会員登録必要)でもご覧いただけます。

本社移転のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

このたび弊社は2017年8月28日(月)より、本社を下記に移転することになりましたのでお知らせいたします。
新社屋はスペースも広く、皆様のご来訪にも十分対応できるものと存じます。
これを機にさらに業務の充実を図り、皆様のご期待に沿うよう努力いたす所存でございますので、今後とも倍旧のご支援、ご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

※移転に伴い電話番号、FAX番号も変更いたします。

■業務開始日

2017年8月28日(月)

■新住所

〒453-6122
愛知県名古屋市中村区平池町四丁目60番地12
グローバルゲート22階

■新電話・FAX番号
 (代表)

電話 :052-564-5535
FAX  :052-564-5536
※050番号は従来より変更ございません。

■アクセス

あおなみ線「ささしまライブ駅」直結
各線名古屋駅より徒歩15分
[地図]

JASPARに加入しました

APTJは、2017年5月1日付で日本における自動車ソフトウェア標準化団体である一般社団法人JASPAR(Japan Automotive Software Platform Architecture、以下JASPAR)に正会員として加入しました。

JASPARは2004年9月に、車載電子制御システムのソフトウェアやネットワークの標準化及び共通利用を目的として設立されました。 幹事会員5社(トヨタ自動車株式会社、日産自動車株式会社、株式会社本田技術研究所、株式会社デンソー、豊田通商株式会社)を始めとする150以上の自動車関連団体が参画し、 自動車メーカーごとに異なっていた基盤ソフトウェアや通信仕様などの非競争領域を協調して開発することで、開発コストの削減と品質の向上を推進しております。

APTJはAUTOSARをベースとした車載制御システム向けのソフトウェアプラットフォームを開発しており、この知見・技術でもってJASPARから国内外に発信する標準化の推進をサポートしてまいります。

AUTOSARプレミアム・パートナーになりました

APTJは、車載ソフトウェア標準化団体「AUTOSAR(AUTomotive Open System Architecture)」より、 プレミアム・パートナーとしての承認を受けました。

現在AUTOSARには、世界中から180社以上の自動車関連企業が加盟しており、 各会員はその役割により4種類(コア、プレミアム、アソシエイト、ディベロップメント)に分類されます。 APTJは2016年5月にアソシエイト・パートナーとして同団体に加盟しましたが、 この度、規格の策定に関わることが可能となるプレミアム・パートナーに昇格することが認められました。

APTJは、名古屋大学情報科学研究附属組込みシステム研究センター(NCES、センター長:高田広章)での産学共同研究開発で培われた技術(※TOPPERS OSなど)、知見、人材を活用し、 プレミアム・パートナーとしてAUTOSAR仕様の策定に貢献し、AUTOSARよりリアルタイムに入手する最新情報を自社開発プラットフォーム・サービスに反映することで、 国内外の自動車業界の発展に貢献することを約束します。

※採用実績例:ESCUDO(SUZUKI)、Skyline Hybrid(NISSAN)、H-ⅡBロケット(JAXA)

「名古屋大学発ベンチャー」の称号を授与されました

APTJは、Tongaliプロジェクトより「名古屋大学発ベンチャー」の第一号企業として認定されました。 Tongaliプロジェクトは、名古屋大学が大学発ベンチャーの創造と拡大を支援するため、2016年に発足した新しいプロジェクトです。 この度の称号授与を励みに、APTJは名古屋大学の研究成果を社会に還元し、日本の自動車業界の発展に一層貢献することを目指します。

プロジェクトの詳細については、下記リンク先よりご確認いただけます。

雑誌『週刊BCN』に記事が掲載されました

IT業界向け情報紙『週刊BCN』に弊社代表取締役会長 高田広章 のインタビュー記事が掲載されました。

掲載概要

・媒体名:週刊BCN vol.1641

・発行日:2016年8月22日

・掲載面:6~7ページ
 KEY PERSON
 名古屋大学教授 APTJ代表取締役会長
 高田広章
  TRONの知見生かしてAUTOSARを開発

※掲載記事の電子版は
 こちらからご覧いただけます。
 (無料会員登録必要)

ASAM e.V.に加入しました

APTJは、「ASAM e.V.(Association for Standardisation of Automation and Measuring Systems)」に加盟しました。 ASAM e.V. は、1998年に欧州の代表的な自動車関連企業によって設立された、ISOやAUTOSARなどの他組織と密接に共同して標準化作業を行っている、 自動化システムと測定システムの国際標準化団体です。 現在ASAM e.V.には、アウディ、ボッシュ、BMW、トヨタ、ホンダなど、世界中より130以上の法人会員が参加しています。 この度の加盟により、APTJはASAM-ODSなどのASAM規格を使用することが可能となりました。