つながり、響きあう。ひとつひとつの価値創造へ

当社は、独自の革新的なビジネスモデルで、提案型のコンサルティングを起点にお客様と密接に関わり、お客様それぞれに最適なモジュールを開発からサポートまでトータルに提供いたします。

複数企業とともに作り出した「エコシステム」
APTJの役割

国産の車載制御システム向けソフトウェアプラットフォーム(SPF)を開発

パートナーソフトウェア企業の役割

◆ APTJに対する出資
 (資金面での協力)

◆ APTJに開発技術者を送る
 (人材面での協力)

◆ Julinar® SPFのライセンス販売

共同開発サプライヤ/OEMの役割

◆ 開発するSPFに対するフィードバックの提供

◆ 共同開発費の提供

有機的につながる交響的なビジネスモデル

パートナーソフトウェア企業、共同開発サプライヤとの有機的な開発環境とコミュニケーションフローで独自のビジネスモデルを構築しました。つくり手(エンジニア)とユーザー(お客様)との関係は、これまでにない密接なものに変わっていきます。開発段階からコンサルティングによる提案型のコミュニケーションを行い、ユーザーにとって使いやすい最適なモジュールを提供することができます。さらに、開発段階からの意見交換によって、つくり手とユーザーの双方が製品に対する理解を深めていくため、アフターサポートの対応品質が圧倒的に向上します。また、つくり手は共同開発サプライヤから要求されるリアルな課題に直接的に触れ、様々なモジュールに関する知識をつくり手同士で共有することで、AUTOSAR全般について高い知識・技術を持つインテグレータに成長し、お客様に寄り添うパートナーになります。

価値創造のポイント

優秀な人材を育成

ユーザにとって最良の品質

グループ全体で手厚いサポート