AUTOSARプレミアム・パートナーになりました

APTJは、車載ソフトウェア標準化団体「AUTOSAR(AUTomotive Open System Architecture)」より、 プレミアム・パートナーとしての承認を受けました。

現在AUTOSARには、世界中から180社以上の自動車関連企業が加盟しており、 各会員はその役割により4種類(コア、プレミアム、アソシエイト、ディベロップメント)に分類されます。 APTJは2016年5月にアソシエイト・パートナーとして同団体に加盟しましたが、 この度、規格の策定に関わることが可能となるプレミアム・パートナーに昇格することが認められました。

APTJは、名古屋大学情報科学研究附属組込みシステム研究センター(NCES、センター長:高田広章)での産学共同研究開発で培われた技術(※TOPPERS OSなど)、知見、人材を活用し、 プレミアム・パートナーとしてAUTOSAR仕様の策定に貢献し、AUTOSARよりリアルタイムに入手する最新情報を自社開発プラットフォーム・サービスに反映することで、 国内外の自動車業界の発展に貢献することを約束します。

※採用実績例:ESCUDO(SUZUKI)、Skyline Hybrid(NISSAN)、H-ⅡBロケット(JAXA)